規制緩和の「新機軸ビール」に3社様子見 製品発表はアサヒビールのみ (1/2ページ)

「第3のビール」の新商品を発表するキリンビールの布施孝之社長。定義が変更される「ビール」の新商品発表は見送った=11日、東京都千代田区(山沢義徳撮影)
「第3のビール」の新商品を発表するキリンビールの布施孝之社長。定義が変更される「ビール」の新商品発表は見送った=11日、東京都千代田区(山沢義徳撮影)【拡大】

 ビール大手4社の平成30年の事業方針が11日、出そろった。酒税法改正で4月に「ビール」の定義が変更され、使える原料や製法などの幅が広がるため、各社の首脳は「低調な市場の活性化につながれば」と期待を寄せる。しかし、規制緩和に合わせて発売する新商品を発表したのは、アサヒビールだけ。業務用製品の値上げが間近にひかえていることもあり、既存ブランドのてこ入れを優先させたいという本音がにじむ。

 「“打てる手”が広がったのは、大きなチャンス。各社の新商品が相次いで消費者の注目を集めれば、ビール市場の活性化につながるはずだ」。アサヒビールの平野伸一社長は9日の事業方針説明会で、定義変更が業界にもたらす好影響への期待を述べた。

 アサヒが4月17日発売する「グランマイルド」は、ビールの副原料として新たに使用可能となるハーブの一種、レモングラスを配合。アルコール臭さや時間経過に伴って生じる雑味を抑えることで「ゆっくりと味わえるビールに仕上げた」(平野氏)という。

 一方、キリンビールの布施孝之社長は11日、定義変更に対応したビールを「4月に発売したい」としつつも、詳細な説明は避けた。10日に発表会を開いたサントリービールの山田賢治社長も、同様に「検討中」と述べるにとどめた。