【ソニー株主総会・詳報(1)】吉田新社長、好業績にも「危機感」強調 (1/3ページ)

ソニーの株主総会が終了し、退場する株主ら。過去最高の更新で増配が行われたことから、厳しい質問は目立たなかった=19日午前、東京都港区
ソニーの株主総会が終了し、退場する株主ら。過去最高の更新で増配が行われたことから、厳しい質問は目立たなかった=19日午前、東京都港区【拡大】

 ソニーは19日、東京都内で株主総会を開いた。4月に就任した吉田憲一郎社長にとっては、経営トップとして迎える初の総会。平成30年3月期決算で20年ぶりに営業最高益を更新したことから株主の好意的な声が目立ったが、吉田社長は冒頭の経営方針説明で「危機感、謙虚さ、長期視点」を強調し、収益力のさらなる向上を図る考えを示した。

 午前10時、グランドプリンスホテル新高輪(港区)で開かれた総会に出席した株主は1651人。ソニーの“復活”に安堵したためか、減収減益の状態だった前年と比べ300人余り少ない人数となった。

 吉田社長は今後3年間の経営方針として、継続的な収益が見込めるエンターテインメント事業や、需要が拡大する自動運転向け半導体事業に注力する考えを説明した上で、「持続的に高い収益を上げる企業を目指す」と述べた。

 会社側の説明は30分余りで終わり、質疑応答へ。質問に立った株主15人の大半が好業績を賞賛した一方、赤字のスマートフォン事業について問い質す声も上がった。

 主なやり取りは次の通り。

 --日頃からソニー製品が好きで使っているが、ぜひほしいのは「NHKが見られない製品」だ。テレビを設置すると受信料を取られる。ワンセグでも同じ。将来、インターネットでも取るそうだ。民放もBSも見られるがNHKだけ見られないテレビ、NHKだけ撮れないブルーレイ、将来的にはNHKに接続できないプロバイダも検討してほしい

 吉田社長「貴重なご意見として参考にしたい」

続きを読む