ユニー、コイン交換機設置 眠る小銭を紙幣に、果たして需要は?

コイン交換機の前で撮影に応じる佐古ユニー社長(左)とコインスター社のジム・ギャリティCEO=27日、横浜市
コイン交換機の前で撮影に応じる佐古ユニー社長(左)とコインスター社のジム・ギャリティCEO=27日、横浜市【拡大】

 総合スーパー(GMS)のユニーは27日、多数の硬貨を紙幣に両替するコイン交換機「Coinstar(コインスター)」を横浜市内の3カ所のスーパーに設置したと発表した。スマートフォンアプリを使った決済など「キャッシュレス」化が広まりつつあり、現金の流通を前提にしたサービスがどこまで利用されるか注目される。

 設置されたのは「アピタテラス横浜綱島」などいずれも横浜市内の3店舗。利用者はまずコインスターに多数の硬貨を投入し、自動計算後に発行される引換券をサービスカウンターへ持っていくと紙幣に交換してもらえる。手数料は両替額の9.9%。

 交換機は米コインスター社製で設置台数が世界で約2万台という実績を持つ。ユニーへの設置はアジア初となる。

 先進国の中でも日本のキャッシュレス決済比率は低く、クレジットカードを含め約2割にとどまる。日常生活で小銭は頻繁に利用されるほか家庭に小銭貯金などの形で眠っているケースも多いとみられ、ユニーは潜在需要があるとみて導入に踏み切った。

 ユニーは、1日に両替される合計金額は約7万円、利用者数は数十人と見込んでいる。ただ、節約志向の強い昨今の消費者に1割近い手数料の負担が受け入れられるかは未知数だ。

 横浜市内で同日、会見した佐古則男ユニー社長は「利便性が高まり、来店客の増加が期待できる」と語った。