【群馬発 輝く】タイプエス 世界初の気象観測用ドローン、活躍の場広がる (1/4ページ)

ドローンスクールの講師も務めるタイプエスの設楽丘社長(右)。各分野でドローンの活躍が期待されている=9月6日、群馬県片品村
ドローンスクールの講師も務めるタイプエスの設楽丘社長(右)。各分野でドローンの活躍が期待されている=9月6日、群馬県片品村【拡大】

  • 世界初の上空気象観測用の「R-SWM」
  • 設楽丘社長

 災害救助から宅配事業まで多様な分野で活躍が期待される無人航空機「ドローン」。気象観測機器販売会社のタイプエス(前橋市)は、強みとする測量技術を生かした世界初の気象観測用ドローン「R-SWM」を開発し、活躍の場を広げている。

低コストが武器

 「これだ。ドローンでいこう!」

 設楽丘社長が決心したのは会社を設立して約10年、仕事が軌道に乗り出した2012年のこと。それから4年かけて研究開発し、発売したのがR-SWMだ。

 任意の高度・緯度・経度で、風向・風速・温度・湿度・気圧を観測できるのが特徴。

 オプションを含めると約500万円と高額だったためか、買い手はなかなか見つからなかったが、「調査に使いたい」との依頼は多く、大学や民間気象コンサルタント、自治体などの実務の下請けに追われた。

 R-SWMは、風力発電所の建設前の高さに応じた風速データの収集、風によるダイオキシンや放射能などの流れを予測する環境アセスメントの調査にも使われた。ロケットの発射前の気象観測でも、従来のセスナの代わりを担い、低コストでデータ取得ができるようになった。

 タイプエスは、千葉市ドローン宅配等分科会にも参画している。ドローンによる宅配は、川や海に沿って約60~100メートルの上空を機体が隊列を組み、離島や山奥などにまで人件費と時間をかけずに配達するのが理想。ドローンにとって風は大敵だが、R-SWMが「管制塔」の役割を担い、当日の気象情報を宅配用ドローンへ伝えることができれば、課題は解決する。

 広がる可能性に、設楽社長は「追い風が吹いてきた」と胸を高ぶらせ、「私の夢は6大陸で仕事の足跡を残すこと」と語る。その夢は実現しつつある。

続きを読む