3万7千円の子供向けデスクライト バルミューダ

子供向けデスクライト「BALMUDATheLight(バルミューダザ・ライト)」=23日、東京都文京区(飯田耕司撮影)
子供向けデスクライト「BALMUDATheLight(バルミューダザ・ライト)」=23日、東京都文京区(飯田耕司撮影)【拡大】

 家電ベンチャーのバルミューダ(東京都武蔵野市)は23日、独自の光拡散技術と太陽光に近い発光ダイオード(LED)を搭載した子供向けデスクライト「BALMUDA The Light(バルミューダ ザ・ライト)」を26日から販売すると発表した。価格は3万7千円(税抜き)。

 医療現場で用いられる手術灯で国内シェア首位の山田医療照明と共同開発した。太陽光LEDの光を一度、上方向にある特殊なミラーに反射させてから机に光をあてる。一般的なデスクライトに比べ、低く離れた場所から、30センチ前方を明るくさせる仕組みで、子供の目線の先に影ができにくいという。

 太陽光LEDは、製造コストがかかる一方、医療現場や美術館など色に正確さが求められる環境で使用されている。記者会見した寺尾玄社長は「目に優しい光で視力低下を防ぐのにも役立つ」と強調した。ハサミや鉛筆が収納できるほか、子供が好きな専用ステッカーも付けた。