サークルK・サンクス終了でファミマ社長「地域に根ざすサービスを」


【拡大】

 コンビニ大手ファミリーマートの沢田貴司社長は29日、国内にあるサークルKとサンクス全店舗の営業が30日に終了し、ファミマへの統合が完了するのを前に、愛知県一宮市のサークルK尾西開明店で記者会見を開いた。沢田氏は「ワンファミリーマートとして地域に根ざしたサービスを提供したい」と述べた。新規出店より商品開発に力を入れる考えも示した。

 ファミマとユニーグループ・ホールディングスが2016年9月に経営統合し、ユニー傘下だったサークルKとサンクスはファミマへ転換を進めていた。サークルKとサンクスは16年8月に計約6300店あった。サークルKの国内1号店が愛知県にあったため、同県での会見を決めた。

 サークルK尾西開明店は29日午前10時に最後の営業を終えた。ファミマとして12月に近くの別の建物で再開する。日置達男店長が「皆さま長い間ありがとうございました」とあいさつすると、居合わせた客から拍手が起こった。近所に住む川井信夫さん(69)は「ずっと利用しており重宝していた。なくなってしまったらどうしようかと思ったが、今までどおり付き合っていきたい」と話した。

 ファミマの国内店舗は10月末で約1万7000店あり、セブン-イレブン・ジャパンに次ぐ業界2位となっている。