中国に盗まれる日本の地名 和歌山知事が激怒「とんでもない国」 (1/7ページ)

2012.12.1 08:25

紀州へら竿を手に取る田中和仁・紀州製竿組合長。中国企業の「紀州」商標出願を懸念している=和歌山県橋本市

紀州へら竿を手に取る田中和仁・紀州製竿組合長。中国企業の「紀州」商標出願を懸念している=和歌山県橋本市【拡大】

  • 中国系企業による「紀州」商標出願に和歌山県が異議申し立て。紀州へら竿のパンフレット(右)と、中国で出願された「紀州」の文字(左)。酷似している

 日本の地域ブランドが中国などで知らない間に商標出願される問題が相次ぐ中、今度は和歌山県の旧地名「紀州」が標的になった。ヘラブナ釣りファンにはおなじみといってもいい、同県橋本市特産の伝統工芸品「紀州へら竿」の紹介用冊子のロゴから「紀州」の文字を切り抜いて商標出願したとみられている。

 登録を許してしまうと、無関係の竿まで「紀州」の名前が使われ、ブランドに大きなダメージを与えかねない。「とんでもない国。われわれはずっと見張っている」。県知事も中国側の“暴挙”に怒り心頭で、県は11月5日、中国商標局に異議申し立てを行い、権利の保護に動き始めた。ただ、この「闘い」は長くかかりそうだ。(藤崎真生)

 「不穏」なメールから

 「やっぱり…」

 和歌山県食品流通課職員のパソコンに、民間の調査会社からメールで連絡があったのは今年9月中旬。基本的には月1回のペースで定期的に報告されるが、「何か」を見つけた場合はその都度連絡が入ってくる仕組みになっている。定例のメールでないとすれば、どう考えても「何かがあったに違いない」。担当職員の予想は、当たっていた。

中国と台湾を対象に商標出願の監視を続けてきた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!