伊勢・式年遷宮に地方活性化のヒントあり 経済効果2400億円超 (4/4ページ)

2013.10.19 12:00

「遷御の儀」を迎えた今年、空前の参拝ブームで沸くおはらい町=9月24日、三重県伊勢市(田村慶子撮影)

「遷御の儀」を迎えた今年、空前の参拝ブームで沸くおはらい町=9月24日、三重県伊勢市(田村慶子撮影)【拡大】

 昨年4月には、伊勢神宮の外宮敷地内に神宮の歴史などを展示、紹介する「せんぐう館」がオープン。今年はJR東海や近畿日本鉄道が、臨時急行や特急観光列車を導入するなどアクセスも向上した。

 開発の効果は、神宮の周辺にも及んでいる。4年7月に開業した近鉄不動産の「海辺ホテルプライムリゾート賢島」(志摩市)は伊勢市から電車で約1時間と神宮からは少々遠いにもかかわらず、今年の宿泊客は前年同期より2割増。「式年遷宮が全国的に注目され、首都圏の来客数は昨年の2倍以上に急増している」(同ホテル広報)という。

 9月に発表された基準地価も、遷宮の経済効果を物語る。地方圏の多くが地価を落としたなか、伊勢市では同市宇治浦田の商業地が前年比6・3%上昇し、東海4県で最高の上昇率を記録した。

 遷宮効果のもう一つの特徴は、こうした経済効果が遷宮後もしばらく続くということだ。民間シンクタンクの百五経済研究所(津市)の試算では、式年遷宮に伴う三重県の経済効果は2416億円。この効果が次の遷宮に向けた足がかりとなり、また次の「遷宮開発」につながっていく。

 国の文化、伝統で沸く三重県の姿は、活性化の糸口を探す多くの地方にとってヒントになりそうだ。(田村慶子)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!