【御嶽山噴火】農作物への影響懸念 降灰量予測できず 「被害あれば対策講じる」

2014.9.27 21:18

木曽町内では火山灰が降り、葉っぱなどにも積もった。奥は頂上付近が雲に隠れた御嶽山=9月27日午後、長野県木曽町(早坂洋祐撮影)

木曽町内では火山灰が降り、葉っぱなどにも積もった。奥は頂上付近が雲に隠れた御嶽山=9月27日午後、長野県木曽町(早坂洋祐撮影)【拡大】

  • 木曽町内では火山灰が降り、山登りをしていた人の車は灰まみれになっていた=9月27日午後、長野県木曽町(早坂洋祐撮影)
  • 火山灰に覆われた建物=27日午後4時8分、長野・岐阜県境(甘利慈撮影)
  • 火山灰に覆われた建物=27日午後4時8分、長野・岐阜県境(甘利慈撮影)
  • 御嶽山が噴火し、火山灰が降るなか下山する登山者=27日午後0時45分ごろ(登山者提供)
  • 火山灰で灰色に染まった建物=27日午後4時7分、長野・岐阜県境(甘利慈撮影)
  • 御嶽山が噴火し、中腹の駐車場に避難した登山者と火山灰をかぶった車=27日午後4時33分、長野県木曽町で共同通信社ヘリから

 御嶽山の噴火で、火山灰による農作物への影響が懸念されている。火山灰の影響が長期化すれば、野菜や果物の価格上昇にもつながりかねない。ただ、降灰量や降灰期間が予想できず、自治体からは「被害の全容は分からない」との声も上がっている。

 長野県では27日、ハクサイ畑約18ヘクタールに火山灰が降ったことが確認された。県は同日、野菜や花をシートで覆うほか、収穫可能な農作物を早期収穫することなどを盛り込んだ火山灰対策をまとめ、農業改良普及センターや県ホームページを通じ農家に周知している。

 28日も降灰が予想される地域を中心に朝から被害調査を実施する。ただ、県の担当者は「今後、灰が遠くに飛ぶとの予想もある。降灰がいつまで続くかも分からないため、被害の全容はまだ分からない」と話す。

 岐阜県も県内に降灰する可能性があると判断した場合、農家に早期の収穫などを呼びかける方針。農林水産省も「被害が確認されれば対策を講じる」として情報収集を急いでいる。

 流通大手のセブン&アイ・ホールディングスによると、店舗の営業や物流には影響がないが、情報収集を続けているという。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。