【生かせ!知財ビジネス】米OceanTomo、日本の参加者にも大きな可能性 (1/2ページ)

2015.4.25 05:00

米OceanTomoのマラカウスキーCEO。「日本企業や産業界と直接話し合いを進めている」という

米OceanTomoのマラカウスキーCEO。「日本企業や産業界と直接話し合いを進めている」という【拡大】

 □米OceanTomo(下)

 知財関連ビジネスを手掛ける米OceanTomoは知財オークションの再開準備を進める。ジェームズ・マラカウスキー最高経営責任者(CEO)は日本の参加者も「大きな利益を得る」可能性があることを強調した。

 --再開するオークションの新しい仕掛けなどは

 「OceanTomoは細心の注意を払って検討を重ね、重要なクライアントからの意見を得て、ようやく知財オークションの再開を決めた。これから始めるオークションはかつての内容とはかなり違うはずだ」

 --具体的には

 「例えば、各知財オークションで扱う技術分野を1つ、または2つに絞る方法、1人または1社だけの大手売り手(出品者)と協力した形で開催する方法、ある会場を設営し、そこでの入札を実施するのではなく、電話やインターネットを活用したリアルタイムの遠隔入札を中心とする方法などを検討している。何より重要なことは質、価値ともに高い知財ポートフォリオを出品することに力を入れること。こうしたことから以前のオークションに比べて、米国以外の特許にも世界の入札参加者の興味が集まると予想している」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。