台湾デング熱、4カ月で5000症例超える

2015.9.9 05:00

 台湾中央通信によると、台湾衛生福利部(厚生労働省に相当)疾病管制署は5日、台湾でのデング熱の症例数を発表した。それによれば、今年5月1日から9月4日までの全台湾の症例数は5186例で、このうち台南市が4585例となっている。1日に470例が新たに増加している。

 台南市以外では、高雄市519例、屏東県20例、新北市13例、台中市11例、桃園市9例、新竹県6例、嘉義県6例、新竹市3例、基隆市、台北市、嘉義市が各2例、花蓮県、宜蘭県、南投県、雲林県、苗栗県、金門県、彰化県、澎湖県が各1例となっている。(RP=東京)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。