驚く「欧米」冷静な「中韓」…止まらぬ「karoshi」報道、意外な“温度差”  (1/3ページ)

2016.11.5 16:12

電通の新入社員で過労自殺した高橋まつりさんの遺影とともに記者会見する母親の幸美さん。一連の報道は「karoshi」として世界に伝えられた=10月7日、東京・霞が関
電通の新入社員で過労自殺した高橋まつりさんの遺影とともに記者会見する母親の幸美さん。一連の報道は「karoshi」として世界に伝えられた=10月7日、東京・霞が関【拡大】

  • 過労自殺の労災認定を受け、電通への立ち入り調査に入る東京労働局の労働基準監督官=10月14日、東京都港区

 「karoshi」報道が止まらない。10月7日午前、政府が初めての「過労死白書」を公表すると、午後には広告大手の電通で女性新入社員が過労自殺していたことが明らかになった。厚生労働省による立ち入り調査や政府主導の「働き方改革」と合わせ、海外メディアも大きく取り上げているのだが、欧米と中韓の報じ方には意外な“温度差”も見え隠れする。

SNSを引用

 「日本人は文字通り死ぬほど働いている」。米紙USA TODAYの見出しは簡潔な分、衝撃の大きさが際立つ。

 電通の新入社員、高橋まつりさん=当時(24)=は東大卒業後の昨年4月に入社し、本社でインターネット広告などを担当。クリスマスに東京都内の社宅から投身自殺した。三田労働基準監督署が今年9月、労災を認定している。

 「2時間睡眠で休日もめったに取れず、会社からは実際の残業時間より少なく申告するよう指示されていた」

 「電通本社では1991年にも24歳の労働者が自殺し、過労死問題が注目された」

 同紙は事案の問題点をそう指摘し、まつりさんがソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に書き込んだ「死んだほうがよっぽど幸福なんじゃないかとさえ思って」というメッセージで記事を締めくくった。

英紙ガーディアンは、日本で過労死した外国人技能実習生について報道

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。