押切もえ個人情報のぞき見 日経新聞社員を不正アクセス容疑で逮捕 警視庁

2016.11.30 12:25

モデル押切もえさん(撮影・斎藤浩一)
モデル押切もえさん(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 タレントの押切もえさん(36)らのメールやクラウドサービスをのぞき見たとして、警視庁サイバー犯罪対策課は30日、不正アクセス禁止法違反などの容疑で、東京都多摩市聖ケ丘の日本経済新聞社員、寺井淳容疑者(29)を逮捕した。寺井容疑者は名前や誕生日といった情報を組み合わせてパスワードなどを類推していたとみられる。

 逮捕容疑は平成26年12月、他人のパスワードを入力してメールサービスに不正アクセスしたほか、昨年10月から今年4月にはクラウドにも侵入した疑いが持たれている。

 他人のクラウドやSNSののぞき見をめぐっては、神奈川県警が1月、同僚やグラビアアイドルのメールに不正ログインした男を逮捕。5月には警視庁が、女優のフェイスブックなどに侵入した男を逮捕した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。