【第26回地球環境大賞】COP22で感じた国連気候変動交渉の変質(2-1) (1/3ページ)

2016.12.27 05:00

竹内純子氏
竹内純子氏【拡大】

  • パリ協定の実施指針の工程表を採択したCOP22会場=モロッコ・マラケシュ

 □21世紀政策研究所 研究副主幹 国際環境経済研究所 理事・主席研究員 竹内純子

 ■交渉の場から成果報告会、マッチングの場へ

 11月7日から18日までモロッコ・マラケシュで開催されたCOP22(国連気候変動枠組み条約第22回締約国会議)。COP21という山場を越えた直後とあって、事前から言われていた通り、取り立てて大きな進展も目立つ展開もなかった。

 当初、COP22に期待されていたことは、パリ協定を機に醸成された前向きなモメンタム(勢い)を維持することと、今後のスケジュールを確定させることだった。予想をはるかに上回るスピードで各国の批准手続きが進み、会期前にパリ協定発効が確定したことを祝い、航空業界の自主的な排出量取引導入や海運分野での燃費報告制度導入などに象徴される前向きな流れを維持することが期待されていたのである。11月8日に行われた米国大統領選挙の結果が与える影響が懸念されたが、今回の交渉そのものには影響はなかった。参加者には動揺も見られたものの、今の段階では次期大統領に決まったトランプ氏がどのような政策を採るか推測の域を出ないこともあって、現実を直視できていないのではないかと思うほど、前向きな空気が保たれていたように感じた。

 もう1つ、具体的な成果として期待されたのは、パリ協定の詳細ルール(以下、ルールブック)に関する作業計画策定である。これは2018年のCOP24での採択を目指すことが決定した。17年にドイツ・ボンで開催されるCOP23(議長国はフィジー)で、その作業の進捗確認が行われる。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。