【生かせ!知財ビジネス】J-PlatPatへ初のサイバー攻撃か (2/2ページ)

2017.3.17 05:00

J-PlatPatを運営するINPITが入居する特許庁本庁舎(東京都千代田区)
J-PlatPatを運営するINPITが入居する特許庁本庁舎(東京都千代田区)【拡大】

 INPITは3月27日、中小企業の営業秘密を守る情報管理支援策として、知財訴訟などで営業秘密の存在を立証できるようにするための「タイムスタンプ(トークン)保管サービス」を始める。今回の事件の影響が懸念されるが「急遽(きゅうきょ)、新サービスの安全面を再点検した。非常に高レベルなセキュリティーを施し、情報のバックアップ体制も万全を期してある。安心して利用してほしい」と服部情報統括監は胸を張った。

 一方、特許庁の安全対策はどうか。同庁のシステム全般を管理する情報技術統括室の安久司郎室長は「相当に強力な安全対策を施している。業務系システムではネット接続はなく、庁内や地方の特許室、登録調査機関との間は専用回線で閉じている。ネットで電子出願を受け付けているが、出願人から特許庁への接続は事前登録や専用ソフトが必要。職員のメールシステムは業務系システムと完全に別系統で、外部攻撃やウイルスの侵入は不可能な仕組みになっている。さらに万全を期していきたい」と話した。(知財情報&戦略システム 中岡浩)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。