【生かせ!知財ビジネス】動き出した弁理士会(上)経営センターを新設 (1/2ページ)

2017.4.14 05:00

 日本弁理士会(東京都千代田区)は20日、「知的財産経営センター」の運用を開始する。知的財産経営の視点から弁理士会の既存組織の機能と役割を統合、調整して、企業向けの知財経営支援、弁理士への経営支援教育、弁理士が担うべき新しい業務の研究-などをワンストップで可能にする総合センターを目指している。

 知財経営とは、企業経営に知財戦略を織り込んだ高度な経営活動のことだ。弁理士には、企業の事業活動を守るための特許出願を受け持つという過去の狭い業務感覚から脱皮して、企業経営を理解した上で企業の諸活動へより踏み込んだサービスが求められている。このため弁理士会では、企業向けコンサルティング手法の研究や、企業が保有する知財の客観的価値・事業貢献度の評価手法などを開発してきた。だが今後、知財経営を弁理士の収益業務として確立していくためには、戦略的活動を実践する中核的組織が必要となっていた。

 新センターは新年度最初の執行役員会で承認され、現在は内部組織調整の最終段階にある。センター長には弁理士会副会長や知的財産支援センター、知財キャラバン隊などで豊富な活動経験を持つ、松浦国際特許事務所の松浦喜多男弁理士が就任する予定だ。

 組織はセンター長の下に統合事業本部、知財価値評価事業本部、知財経営コンサル事業本部、知的資産活用事業本部、知財キャラバン事業本部を置く5本部制。弁理士会の付属機関である、知的財産価値評価推進センターが吸収されるほか、知財経営コンサルティング委員会、知財活用推進委員会、知的財産支援センターが担当してきた知財キャラバン事業や知財活用表彰事業などの既存組織や事業が包含される。各事業本部のトップには全国のベテラン弁理士から統括副センター長として5人を配置。センター長以下、総勢173人の大陣容となる。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。