山岳遭難過去最悪 23日時点で件数、人数とも過去最多更新 山梨 (1/2ページ)

山岳遭難発生件数と遭難者数
山岳遭難発生件数と遭難者数【拡大】

 山梨県内で今年起きた山岳遭難の発生件数、遭難者数のいずれも、過去最高だった昨年を上回っていることが24日、県警のまとめでわかった。遭難者の8割を40歳以上が占め、特に低体温症など発病による遭難の増加が目立っている。県警は高齢者に、軽装での山歩きや登山経験や体力への過信をしないよう、注意を呼びかけている。

 県警地域課によると、今年の県内の山岳遭難は、23日時点ですでに155件に達し、遭難者数も172人となっている。

 これらは統計が残る昭和40年以降、最多だった昨年1年間の149件、160人を上回っている。今年23日までの死者数は26人。昭和54年の31人に次いで2番目に多くなっている。

 今年1~10月(計135件)でみると、遭難内容のトップは「滑落」(35件)で前年同期比5件増。

 増加が目立ったのは「発病」(27件)の同14件増、「道迷い」(22件)の同8件増など。道迷いのうち10件が1~4月に発生したが、昨年同期はゼロだった。