【コインチェック巨額流出】返金方針も不信拭えず コインチェック利用者

 仮想通貨取引所大手コインチェック(東京)で仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題で、同社が顧客に返金するとした方針に対し、利用者からは安堵の声が出る一方で、具体性のない説明に不信感が拭えないとの指摘も相次いだ。

 ネムを保有する会社員の男性(32)は「駄目だと思っていたのでラッキーというか意外な印象だ」と話した。ただコインチェック側が提示した、ネムを独自に算定したレートで日本円に換算し返す方針については「急落する前のレートで返してほしい」と注文を付けた。

 コインチェックが自社の資産から返金するとした点に関し、経営者の男性(26)は「実際に預金があるのかあやしい。その場しのぎの説明ではないか」と指摘。不信は根強く「取引が再開されたら全部の仮想通貨を引き出す」と厳しい。

 会社員の男性(28)は「何とか返ってくると信じたい」と半信半疑。一方で「最悪のシナリオはコインチェックが倒産することだ」と事業の継続を求めた。