あすの首都圏で大雪降る?降らない? 低気圧の発達次第、予想二分「難しい」 (1/2ページ)


【拡大】

 本州南岸を通過する「南岸低気圧」の影響で、2月1日夜から2日午前にかけて首都圏で降雪が予想されている。ただ、降雪は低気圧の微妙なルートや発達具合によって左右される。気象庁は「雪か雨」と予報するが、海外機関は「降水なし」としており、予測は異なっている。大雪になれば2日朝の通勤ラッシュを直撃する恐れもあり、注意が必要だ。

 気象庁の予想天気図によると、1日午後9時の関東地方上空には雪の目安となる1500メートル付近でマイナス3度の寒気が入る。本州南の海上には南岸低気圧が東へ進み、降水域が関東南部にかかる見込みだ。

 雨が上空の寒気によって雪となるが、その予測は難しいとされる。

 低気圧の南側には暖気があり、近付き過ぎると気温が上がり雪にならず、逆に遠過ぎると雨が降らない。東京都心で積雪23センチを記録した22日は低気圧が八丈島付近を通り、一定距離を保っていた。

 東京の2日朝の予想最低気温は雪が降り始めるとされる2度と微妙なところ。今回は22日ほど低気圧が発達しない見込みだが、雪が降るかは「雨雲の広がり次第」(気象庁)という。日本気象協会(東京)は関東平野部で積雪5~10センチと予想、2日午前3時ごろから午前9時ごろがピークとみる。

気象庁「2日朝は早めに行動を」