【江藤詩文の世界鉄道旅】マハラジャ・エクスプレス(3)アペリティフからはじまる夜…食堂車は24金だらけ

2014.1.18 18:00

24金を焼きつけた特注のプレートが、料理を一段と豪華に見せる。テーブルウェアは非売品。6ダース、7ダースなどまとまって購入する場合のみ、時期によっては販売する

24金を焼きつけた特注のプレートが、料理を一段と豪華に見せる。テーブルウェアは非売品。6ダース、7ダースなどまとまって購入する場合のみ、時期によっては販売する【拡大】

  • フォアグラの前菜、ミネストローネスープに続いて運ばれてきたインド料理のメインディッシュ。「ターリ」という定食スタイルでサーブされる。すべて日替わりでそれぞれ風味が異なり、飽きることがない
  • “インディアン・シャンパン”と呼ばれるインド産のスパークリングワイン。インドで醸されるワインは近ごろ評価が高く、日本やヨーロッパの高級レストランでも見かけるようになった
  • モーニングティーの種類、朝食はジュースかアルコールか、アクティビティから戻ったらどこで何を飲むか。3日めくらいになると、驚くほど好みのものが抜群のタイミングで運ばれる

 ポンッ。シュワワワワー。

 バー・ラウンジのソファに腰をおろすと、何も言わずともスパークリングワインが抜栓された。ディナー前のアペリティフのひととき。ひとりひとりの好みを記憶するバーテンダーが用意したグラスを手に、乗客が語らうあいだを、ひと口サイズのフィンガーフードをのせたトレイを掲げたクルーが、静かに行き交う。

 ビールやインド産のスパークリングワイン、同じくインド産の赤白ワイン、ジンやウォッカ、ウィスキーといったベーシックなアルコールは「お好みのままに」の表示。わかりやすく言えば飲み放題だ。

 輸入ワインや輸入リキュールを使った特別なカクテルにはチャージがかかる。「5USドル」「7.5USドル」など、それぞれの価格が書かれたメニューリストもある。しかし、カクテルを頼んだゲストは10ドル紙幣や20ドル紙幣をチップとしてカウンターに載せていくから、バーテンダーも伝票を切るような野暮なことはしない。

 食事は朝・昼・夕の3食とも、基本的にはインド料理またはコンチネンタル料理の2種類が、プリフィクス・コースで用意されている。豊かなスパイスの香りに食欲をそそられ、“インド人にとってのみそ汁”ともいわれる、食卓の定番の豆スープ「ダール」をうっかり飲み干す。と、ただちにおかわりが運ばれてきてしまった。ストップをかけない限りエンドレス。胃袋に余裕があれば、コース料理を2種類とも注文することもできるそうだ。

 きらびやかなテーブルウェアは、すべてフランス・パリのロブジェ社から納められた特注品。カップやプレート類は、薄手の白磁に24金をかけて焼きつけたものだ。裏面にはマハラジャ・エクスプレスのロゴが印されている。カトラリーは、24金の塗装で仕上げたステンレス製。

 「24金はやわらかく、カトラリーには向かないためやむを得ません」。24金だけを使ったフォークやナイフも試作したのですよ。フード&ビバレッジマネージャーは、胸を張ってそう言った。

■取材協力:インド政府観光局

■江藤詩文(えとう・しふみ) 旅のあるライフスタイルを愛するフリーライター。スローな時間の流れを楽しむ鉄道、その土地の風土や人に育まれた食、歴史に裏打ちされた文化などを体感するラグジュアリーな旅のスタイルを提案。趣味は、旅や食に関する本を集めることと民族衣装によるコスプレ。現在、朝日新聞デジタルで旅コラム「世界美食紀行」を連載中。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。