農薬混入事件 PB商品回収で混乱 早く正しい情報提供必要 (1/4ページ)

2014.3.2 18:21

アクリフーズが昨年12月30日、新聞に出した回収に関する社告。対象商品は「アクリフーズ群馬工場」と記載されている商品としていた

アクリフーズが昨年12月30日、新聞に出した回収に関する社告。対象商品は「アクリフーズ群馬工場」と記載されている商品としていた【拡大】

 昨年暮れに問題が発覚したマルハニチロホールディングスの子会社「アクリフーズ」群馬工場(群馬県大泉町)の冷凍食品農薬混入事件。プライベートブランド(PB=自主企画)商品の中に製造者名の記載がないものがあり、回収をめぐって混乱が見られた。既に販売した商品の回収は誰が責任を負うのか、企業の姿勢が問われている。(平沢裕子)

 表示見直し検討

 今回、回収対象となった49品目のうち20品目がPB商品で、その中の10品目に「アクリフーズ群馬工場」の表示がなかった。食品衛生法では原則として製造者名の表示が義務付けられているが、あらかじめ消費者庁に届け出た「製造所固有記号」を表示すれば、販売者名のみで製造者名は表示しなくてもいいことになっている。

 アクリフーズは昨年12月29日に開いた緊急会見で、表示のないPB商品があることは説明したが、翌日の朝刊に出した社告や自社ウェブサイトでは、回収対象商品を「商品の裏にアクリフーズ群馬工場と記載されている全商品」とした。これでは、工場名のないPB商品は回収対象かどうか分からない。中には「アクリフーズと書いてないから大丈夫」と思い、回収対象のPB商品を食べた人もいるかもしれない。

消費者庁は製造者名表示の是非を改めて検討へ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!