【著者は語る】「病気が長引く人、回復がはやい人」江田証氏 (1/2ページ)

2015.6.13 05:00

江田証氏

江田証氏【拡大】

 □日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医・江田証氏

 ■抗病力高める健康長寿の生活習慣

 私は無医地区に生まれ、たくさんのお年寄りにかわいがられて育ちました。医師を志したのは、胃がんで亡くなることの多かった近所のお年寄りたちを助けたかったからです。

 その後、内科医になり、今では毎日多いときに200人近い患者さんを診察するようになりました。たくさんの患者さんを観察していて気づくのは、同じ治療をしても、病気が長引く人と回復がはやい人がいることです。同じ日に風邪をひいても、薬を飲まずに2、3日で治る人もいれば、そのまま長引いて寝込んでしまう人もいます。骨折やがん、鬱(うつ)でも、こういった治癒における個人差が見られます。

 私は、病気を治すには、患者さんご自身が持つ「ある力」が重要ではないか、と感じるようになりました。それが「レジリエンス(抵抗力・抗病力)」です。ダメージを受けても折れずに立ち直る、バネのような回復力です。レジリエンスは生まれつきの能力だけでなく、食事、運動、身の回りの環境の整え方、考え方など、生活習慣で決まります。

 実はレジリエンスが高い人は、見た目が若いのです。これには科学的な因果関係があり、糖尿病も心臓病も、がん、認知症までも、病気の多くは老化と共通の原因によって引き起こされるからです。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。