「あさが来た」あの五代友厚が22日に再登場

2016.2.4 19:32

今月22日放送分で再登場する五代友厚役のディーン・フジオカ

今月22日放送分で再登場する五代友厚役のディーン・フジオカ【拡大】

 NHK大阪放送局は4日の定例会見で、同局制作の連続テレビ小説「あさが来た」(総合・月~土曜午前8時など)の先月22日放送分で死去した“五代さま”ことディーン・フジオカ(35)が演じる五代友厚が今月22日放送分に再登場することを明らかにした。

 同局によると、ピンチを迎えたヒロイン・あさ(波瑠)が夢で思い出すシーンに登場。祖父・忠政(林与一)、義父・正吉(近藤正臣)とともに生前、日本中を飛び回っていたころの様子が流されるという。

 再登場自体は当初の構想にあったとはいえ、制作統括の佐野元彦エグゼクティブプロデューサーは「(視聴者から)最近のドラマにはない反響をいただき、(再登場に)意を強くした」と話している。

 ディーンの五代役をめぐっては、あさの成長を支えるキーパーソンとして第3話に登場して以来、人気が急上昇。先月22日の死去後は、ネット上に悼む声があがるなど“五代ロス”が話題になっていた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。