ワンルームは2.5倍も割高!? 分譲マンション管理費の4つの傾向 (1/4ページ)

2016.2.28 17:07

 家賃に加え、毎月引き落とされる管理費。イマイチ何に使われているのかわからないし、値上がりすることもあり、納得できないまま支払っているという人も多いのではないだろうか?

 しかし、掃除が行き届いていなかったり、メンテナンスがきちんとされていないマンションは、住み心地が悪いだけでなく、中古として売りに出されるときも、「ここに住みたい」と思ってもらいにくくなり、マイナス評価される可能性がある。つまり、管理の善し悪しは、資産価値にも影響する。マンションの資産価値を維持するため、管理費や修繕積立金は必要なお金なのだ。

 不動産ビッグデータでビジネス展開するスタイルアクト株式会社は、1993年以降に首都圏で分譲されたマンション2.3万棟の管理費を調査した結果、管理費単価が高くなりやすい物件の特徴が明らかになった。管理費単価は、管理会社への委託状況や共用施設の内容、エリアや新築時の価格などの物件グレードによって差があり、大きく4つにまとめられる。

 <特徴1>ワンルームマンションの管理費単価は、ファミリータイプの2倍以上

 マンションの平均面積帯別に管理費単価(平米あたりの管理費)を集計した結果、マンションの平均面積帯によって管理費単価が大幅に変わることがわかった。平均面積10平米台の物件は436円、20平米台は361円と、平均面積80平米台までは、面積が広くなるほど管理費単価は安くなる。

マンションの新築時平均価格が高いほど…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。