海外から持ち込まれた麻疹、関空中心に拡大の恐れ 厚労省が注意喚起

 厚生労働省は31日、海外から持ち込まれたはしか(麻疹)が、関西空港(大阪府)を中心に広がっている恐れがあるとして、17~30日に関空を利用した客に注意を呼びかけた。

 厚労省によると、7月下旬に関空を利用した6人が中国で流行する同じ型のはしかを発症。6人のうち1人は関空で働く職員で、大阪府は8月31日、この職員のほか同じ職場で働く15人がはしかに感染していたと発表した。

 また、関空利用後にはしかを発症した6人のうち別の1人は、14日に幕張メッセ(千葉県)で開かれたコンサートに参加。厚労省によると、このコンサートに参加した観客2人にも感染が広がった恐れがあるという。

 はしかは感染力が高く、潜伏期間は1~2週間。厚労省は17日以降に関空を利用した人に、発熱などの症状が出たら速やかに医療機関に行くよう注意喚起するとともに、「予防接種を受け損ねている人は早急に打ってほしい」と呼びかけた。