【視点】人生100年時代 定年女性の再就職を充実せよ (1/3ページ)

 □産経新聞論説委員・河合雅司

 厚生労働省の簡易生命表によれば、2016年の日本人の平均寿命は女性が87.14歳、男性は80.98歳だ。ともに過去最高を更新し、香港に次いで世界2位である。

 2016年生まれが90歳まで生きる割合は、女性が49.9%、男性は25.6%だ。95歳まで生きる割合も、女性25.2%、男性9.1%に上る。「人生100年時代」と言われるゆえんである。

 平均寿命が延びた背景には、健康志向の高まりや医療の進歩により、がん、心疾患、脳血管疾患などの死亡率が下がったことがある。医療技術の向上で、さらに長寿大国になる可能性がある。

 「人生100年時代」にどう備えていくのか。第1の課題は平均寿命と健康寿命の差をどう縮めていくかだ。内閣府の「高齢社会白書」(2017年版)によれば、健康寿命は2013年時点で女性74.21歳、男性は71.19歳で、相変わらず大きな差がある。厚労省の「国民生活基礎調査」によれば40~74歳で健康診断や人間ドックを受けた人は71.0%だ。健康に留意する人が増えれば差は小さくなる。

 豊かな老後を過ごすには収入も重要だ。公益財団法人「ダイヤ高齢社会研究財団」が7月に発表した40、50代の正社員を対象とした調査によれば、自分が何歳まで生きると考えているかを示す「想定寿命」は女性78.8歳、男性77.7歳だった。

定年後の再就職、女性に厳しい現実