他人のiPS細胞を利用 世界初の臨床研究で患者に有害事象

 神戸市立医療センター中央市民病院などのチームは16日、他人のiPS細胞から作った網膜の細胞を、重い目の病気の患者に移植した世界初の臨床研究で、移植を受けた患者の1人に網膜がむくむ有害事象が起きたと発表した。