「愛妻家の聖地」群馬・嬬恋村で炭酸飲料「愛妻ダー」完成 31日から販売

キャベツ酢使用の「純粋なる想い」と紫キャベツ酢使用の「情熱なる想い」のサイダー。村の土産品にぜひ(嬬恋村提供)
キャベツ酢使用の「純粋なる想い」と紫キャベツ酢使用の「情熱なる想い」のサイダー。村の土産品にぜひ(嬬恋村提供)【拡大】

 夏から秋にかけて収穫する「夏秋キャベツ」の生産量日本一を誇り、村名にちなみ「愛妻家の聖地」として村おこしに取り組む群馬県嬬恋村で、キャベツから生まれた炭酸飲料「愛妻ダー」が完成した。村内の土産品を作ろうと、キャベツ農家の松本もとみさんが平成27年に立ち上げたブランド「妻の手しごと」が販売元となり、31日から村内観光施設などで販売される。

 愛妻ダーは、25年度に嬬恋村を主体に村資源の掘り起こしを目的に発足させた「愛妻ブランド開発会議」でアイデアが出された。

 松本さんがキャベツから作った酢「嬬恋キャベツ酢」とサイダーを掛け合わせて誕生。会議のメンバーとともに、試飲を重ね、キャベツの風味が香るさわやかな味に仕上がったという。

 キャベツ酢を使った白い「純粋なる想い」と、紫キャベツ酢を使った赤い「情熱なる想い」の2種類=写真(左から、嬬恋村提供)。200ミリリットルで税別250円。

 松本さんは「嬬恋村はキャベツのイメージがあるが、キャベツを使ったお土産はあまりない。今後、キャベツ酢をベースにした商品や、村の女性が作った工芸品の商品開発をしていきたい」と話している。