「相性の悪い相手」との悩みが消える習慣 イライラしてしまう根本的な原因は (1/4ページ)

画像はイメージです(Getty Images)
画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

  • 枡野俊明『近すぎず、遠すぎず。 他人に振り回されない人付き合いの極意』(KADOKAWA)

 だれにも「相性の悪い相手」はいます。どのように対応すればいいのでしょうか。「ニューズウィーク日本版」の「世界が尊敬する日本人100人」にも選出された僧侶の枡野俊明氏は、「必要なのは、『相手を変えようとしない』というスタンス」「どうにもならないことは放っておけばいい」と説きます--。

 誰もが知らないうちに相手を変えようとしている

 人間関係には、相手に対してとるべき基本的なスタンスがあるように思います。結論を先にいえば、「相手を変えようとしない」ということ。このスタンスをしっかり踏まえていないと、関係がうまく続くことはないでしょう。

 「そんなこと、わかっています。相手を変えようなんて思っていません」

 おそらく、あなたはそう言いたいはずです。ところが、実際には随所で変えようとしているのです。たとえば、こんな会話をしたことはありませんか?

 「うちの課長、もう少し部下に仕事をまかせてくれないかな。いちいち口うるさくて、やりづらいですよね」

 「まったくですね。部下を信頼するのも上司の仕事だと私は思うのですが……」

 何にでも自分がかかわりたがる上司はいるものです。それが部下の仕事をやりにくくしているということも、実際にあるのでしょう。ですから、いまあげたような会話も飛び交うことになります。

 変えようと思うからギクシャクする

 ここで考えてみてください。「部下に仕事をまかせてくれないかな」というのは、上司を「仕事をまかせてくれる人」に変えようとしているのではありませんか。少なくとも、変わってほしいと思っているわけです。

上司との関係が悪化した根本原因