テレワーク拠点、軽井沢に注目 今月中旬に企業経営者向け体験ツアー 「働き方改革」政府後押し (1/2ページ)

体験ツアーで訪れる予定のリゾート施設「ライジングフィールド軽井沢」(鈴木幹一氏提供)
体験ツアーで訪れる予定のリゾート施設「ライジングフィールド軽井沢」(鈴木幹一氏提供)【拡大】

  • 体験ツアーで訪れる予定のリゾート施設「ライジングフィールド軽井沢」(鈴木幹一氏提供)

 職場に出勤せず、自宅や社外のワーキングスペースなどで働く「テレワーク」の拠点として、長野県軽井沢町が注目を集めている。東京から比較的近い利便性に加え、周囲には自然があふれるためだ。こうした環境を知ってもらおうと、今月中旬にはテレワークを企業関係者らに体験してもらうツアーが開催される。

 軽井沢町は東京から新幹線で約1時間と近いうえ、標高が約1千メートルと暑さの厳しい東京都心と違って夏でも過ごしやすい気候などが評価されている。東京と軽井沢の2拠点で生活をする人は1千人に上るという。

 2020年に開催される東京五輪・パラリンピックでは、国内外から多数の観光客が都内を訪れることが予想され、期間中の交通混雑緩和にもテレワークは役立つとみられる。このため、「働き方改革」を進める政府も開幕日に当たる7月24日を「テレワーク・デー」と定めて後押しし、昨年のこの日には首都圏の一部で通勤者が約15%減少したという。

 こうした動きを別荘所有者らで構成し、軽井沢のブランド価値向上に取り組む「軽井沢ソーシャルデザイン研究所」はチャンスととらえる。総務省の後援で、今月15、16日には現地でテレワークの魅力を発信するツアーを企業経営者ら向けに開催する。