「ポテンシャル、高く評価」 「留年採用」を東急エージェンシーが開始 (1/2ページ)

 「留年した人は、“やりきった”人が多いはず」--広告代理店大手の東急エージェンシーは4月4日、2019年の新卒採用の一環で、留年した人を対象にした「留年採用」を始めた。留年生専用の応募枠を新たに設置。「これまで採用市場でフォーカスされることが少なかった“留年生のポテンシャル”を高く評価し、積極的にサポートする」としている。

 留年経験は一般的に、採用活動でネガティブにとらえられてきたが、同社は「留年経験者には情熱やビジョン、魅力的な人生経験をお持ちの方が多い」と考え、留年生を対象にした応募枠を設置することにしたという。

 応募資格は、「何らかの理由で留年(浪人・休学も含む)したが、留年をものともしない情熱やビジョン、人生経験を持っていおり、29歳以下で、2018年4月に入社できる人」。通常の職種別採用と同様、希望のコースを選んで応募きる。

 会社と本人の合意があれば、内定後に1年留年して入社時期を延長できる「留年パスポート」も交付。1年間かけてどうしてもやり遂げたいことがあり、家族や周囲も納得していることが条件だ。

「留年だらけの会社説明会」も4月5日に開催