サイトマップ RSS

「隕石で死亡」190年ぶり不運 インド南部、宇宙ごみの可能性も (2/3ページ)

2016.2.11 00:00

2013年10月にロシア南部チェリャビンスク州のチェバルクリ湖から引き揚げられた、この年の2月に落下した巨大隕石の破片。こんな物が人に当たれば、死は免れない(タス=共同)

2013年10月にロシア南部チェリャビンスク州のチェバルクリ湖から引き揚げられた、この年の2月に落下した巨大隕石の破片。こんな物が人に当たれば、死は免れない(タス=共同)【拡大】

 現場に青色の石

 州政府や警察は当初、テロの可能性も視野に専門家を派遣して調べたが、火薬などの爆発物は検出されず、ぎざぎざ状のダイヤモンドのような濃い青色の石が見つかった。石の重さは11グラムだった。

 このため、州政府のJ・ジャヤラリタ首席大臣(67)は7日、「隕石の落下による爆発」との声明を発表。遺族に10万ルピー(約16万8000円)の弔慰金を支払ったことを明らかにした。警察は隕石のほか、宇宙ごみの可能性もあるとして研究機関に調査を依頼した。

 米科学誌「国際彗星季報(ICQ)」によると、1825年1月16日に同じインドで隕石落下が原因とみられる死亡事故が起きた。これが世界唯一の死亡事例とされており、確認されれば、今回が2例目になる。2013年2月にロシアのチェリャビンスク州で巨大隕石が落下し空中爆発の衝撃で約1500人が負傷したが、死者は出ていない。

 NASAは否定的見解

 今回の事例について、NASAの惑星防衛官、リンドレー・ジョンソン氏は10日、声明を出し、宇宙からの落下物による可能性は低く、地上での爆発が原因との見方を示した。さらに、タイムズ・オブ・インディア紙への電子メールで、「隕石の落下で死者がでるケースは極めてまれで、1825年の事例も科学的に確認が取れていない」と回答し、ロシアのケースも挙げ隕石死亡説の信(しん)憑(ぴょう)性に疑問を示した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ