【試乗インプレ】トランプさんが日本人にアメ車を買えと言うからキャデラックにイッキ乗りしました (1/5ページ)

  • キャデラックの最高級セダン「CT6」
  • 高速道を駆けるキャデラックの「CT6」
  • キャデラックの「CT6」
  • 富岡製糸場とキャデラックの最高級セダン「CT6」
  • 富岡製糸場とキャデラックの最高級セダン「CT6」
  • 富岡製糸場とキャデラックの最高級セダン「CT6」
  • 桜とキャデラックの最高級セダン「CT6」
  • 桜とキャデラックの最高級セダン「CT6」
  • 古民家カフェの前に駐車したキャデラック「CT6」
  • キャデラックの最高級セダン「CT6」。縦長のLEDライトが光る
  • キャデラックの「CT6」。真っ白に浮かび上がるLEDライトが美しい
  • キャデラックの「CT6」。真っ白に浮かび上がるLEDライトが美しい
  • 高速道を走るキャデラック「CT6」
  • キャデラックの最高級セダン「CT6」(右)と、高性能スポーツセダン「CTS-V」
  • キャデラックの高性能スポーツセダン「CTS-V」(左)と、最高級セダン「CT6」。富岡製糸場で撮影
  • 富岡製糸場にて、キャデラックの(左から)「CTS」「ATS-V」「CTS-V」「CT6」「ATS」
  • 富岡製糸場にて、キャデラックの(左から)「CTS」「ATS-V」「CTS-V」「CT6」「ATS」
  • 3.6リッターV6自然吸気エンジンを搭載する
  • 「CT6」のフロントグリルはゴージャスで迫力満点。キャデラックのエンブレムがこれまたカッコいい
  • 縦長のLEDヘッドランプ
  • LEDリヤコンビランプ
  • 20インチホイールとブレンボ製のブレーキ
  • 綺麗にまとまったダッシュボード。エアコンの吹き出し口は、キャデラックのエンブレムがモチーフか…
  • 「CT6」の運転席周り
  • 色鮮やかで見やすいフルカラー液晶のインパネ
  • 10.2インチのディスプレイ
  • タッチパネル式の操作スイッチ。質感は非常に高い
  • 操作系スイッチと、ハンマー型のシフトレバー。これは握りやすい
  • ダッシュボードの中央に配置した「Panaray」(パナレイ)のスピーカー
  • 大型サンルーフはここで操作。ルームミラーはカメラ映像に切り替えることもできる
  • 「CT6」のダッシュボード(魚眼レンズを使用)
  • 「CT6」のセンターコンソール(魚眼レンズを使用)
  • 高級ウッドをあしらったステアリングホイール
  • 「CT6」のドアトリム周辺(魚眼レンズを使用)
  • ハンドルの背面にある変速パドル(魚眼レンズを使用)
  • パワーウインドーのスイッチ(魚眼レンズを使用)
  • 「CT6」のセンターコンソール。一部のスマホは、パッドの上に置くだけでコードレス充電ができる(魚眼レンズを使用)
  • 「CT6」のフロントシート(魚眼レンズを使用)
  • 高級ウッドとレザーをふんだんに使ったインテリア(魚眼レンズを使用)
  • 運転席から眺める後部座席(魚眼レンズを使用)
  • フルカラー液晶のインパネ
  • 夜間のダッシュボードはこんな感じだ
  • 後席を前方にスライドさせても、レッグスペースにはこれだけの余裕がある
  • ゆったりくつろげるリヤシート。座り心地は最高(魚眼レンズを使用)
  • 広々としたリヤスペース(魚眼レンズを使用)
  • リヤのアームレストとヘッドホン(魚眼レンズを使用)
  • 右後部座席からの眺め(魚眼レンズを使用)
  • 大型サンルーフが開放感をもたらす(魚眼レンズを使用)
  • 後席のエアコン操作スイッチ。その下には「Panaray」のスピーカー
  • リヤのアームレストにももちろん、ドリンクホルダーは付いている
  • 出っ張りの少ないトランクルーム。中央にはトランクスルー機構がある
  • 米ミシガン州デトロイトのGM本社ビル(撮影・大竹信生)


 日本人がアメリカのクルマを買わないのは不公平だ-。就任直後のトランプ米大統領が、日米の自動車貿易について不満を爆発させたのは記憶に新しい。アメ車に対するイメージはあっても、実際に「ハンドルを握った経験がある」という日本人は相当少ないのではないだろうか。日本で米国車が売れない理由はあれこれと容易に想像できるが、とりあえず実際に運転してみようではないか。今回、米国のゼネラル・モーターズ(GM)が展開する高級車ブランド「キャデラック」の5車種にイッキ乗りするチャンスがあったので、2週にわたって2つのモデルを取り上げる。今週紹介するのはフラッグシップセダンの「CT6」だ。(文・大竹信生/SankeiBiz 撮影協力・GMジャパン)

 ベンツSクラスやBMW7シリーズの対抗馬

 今回、GMジャパンから「キャデラックのセダンに乗って群馬県の桜の名所を巡りませんか」というお話をいただいた。こちらとしては二つ返事。「お誘いいただき恐悦至極にございます!」とやる気満々で参加した。というのも、偶然にも「そろそろ『試乗インプレ』でアメ車に乗りたいな」などとキャデラックの公式サイトをチェックしている矢先のオファーだったからだ(これ、マジ話です)。以前、妻から「お金があったらどのクルマに乗りたいの?」と聞かれたときに、「たぶん知らないと思うけれど、キャデラックのエスカレード」と答えたことがある。ちなみにエスカレードは「成功のシンボル」として世界の富裕層に愛される超高級SUV。2年前に米デトロイトに出張したときも、空港まで迎えに来てくれたのはエスカレードだった。キャデラックは個人的に気になるブランドだったのだ。

 日本におけるキャデラックのセダンは「ATS」と上級の「CTS」、そして最上級の「CT6」というラインアップ。さらに、スポーツ性能を極限まで高めた「Vシリーズ」をATSとCTSの2モデルで展開している。今回試乗した5車種は「ATS」「ATS-V」「CTS」「CTS-V」「CT6」だ。

「アメ車はエンジンがバカでかいんでしょ」と思われるかもしれないが…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。