悔しいサムスン、賠償より痛い「模倣品」の汚名 対アップル敗訴の衝撃 (1/4ページ)

2012.9.3 07:45

 米アップルと韓国サムスン電子の特許をめぐる法廷対決で、米カリフォルニア州北部連邦地裁の陪審がサムスン側のアップルに対する特許侵害を認定した。

 「ナショナルブランド」の全面敗北に韓国メディアは一斉に評決を非難する記事で反発しているが、アップル側は米国内でのサムスンの旧モデル製品の販売差し止めも申請、追撃態勢を取る。

 評決では製品を「模倣品」と断じられた。これはサムスンが最も重点を置くデザイン開発を否定されたことを意味し、今後の世界戦略に大きな影響が及ぶことは不可避だ。

 現地メディアは援護

 「アップルの4年間の投資と独創的な開発能力をサムスンは3カ月でコピー(模倣)し、取り入れた」。8月21日に開かれた最終弁論で、アップル側弁護人はサムスンの製品開発体質を厳しく指弾した。

 評決対象の争点は合計約500項目を数えるが、ポイントはデザインと位置づけられていた。「四隅を丸めた四角い形状」と「格子型のアイコン配列」がアップル独自の意匠か否か-にかかっていた。

評議員は「サムスン製品はアップルのモノマネ」と断じた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!