尖閣で関係悪化後も3兆円投資 中国政府系ファンド、日本株買い継続 (1/2ページ)

2012.12.12 07:45

中国政府系ファンドの日本株保有状況

中国政府系ファンドの日本株保有状況【拡大】

 2009年ごろから日本株を大量に購入している中国の政府系とみられる投資ファンドが、沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中関係悪化後の9月末時点も、少なくとも173社に3兆円を投資していることが分かった。

 これまでは主要業種の上位企業を幅広く買っていたが、銘柄の選別度合いを強めてきた。企業への増配要求など、アクティビスト(行動する株主)のような動きは現時点でみられないが、今後の投資行動が注目されそうだ。

 ちばぎんアセットマネジメントが、東証1部などに上場する3月決算企業の四半期報告書を調べた。これによると「OD05 オムニバスアカウントトリーティ」など、中国政府系とみられるファンドが10位以内の株主になっている国内企業は半年前から1社増えて173社となった。

 保有株の総額は、11年3月末から5405億円減の3兆406億円で、同社が09年に調査を始めてから初めて減少した。この間、日経平均株価は1割超下落しており、相場動向が要因とみられる。ちばぎんアセットの安藤富士男顧問は「実質的には横ばいで、尖閣問題による影響はみられない」と指摘する。

9月末時点の保有額が最も大きかったのはトヨタ自動車

  • アップル、中国リスクを嫌気か 米国内で一部製品の製造再開へ
  • 反日デモは中国人の「お祭り」 暴れて憂さ晴らし…日本企業に再考の時間

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!