電力需給調整機関を設立へ 経産省が方針固める

2013.1.24 07:00

 経済産業省は23日、地域をまたがる電力需給の調整などを行う「広域系統運用機関」を設立する方針を固めた。28日に開会する通常国会で電気事業法改正案の提出を検討している。

 新機関は、大手電力会社が所有する送電網や、電力会社間の異なる周波数を変換する施設などの管理・運用を引き継ぐ。需要予測をもとに複数の地域にまたがる電力調節などを行う。電力会社が災害やトラブルで電力不足に陥った場合、電力の余っっている会社に対し他の電力会社に供給するよう指示できる。

 経産省は、大手電力会社が独占している家庭向け小売り電力で新規事業者の参入を認め、利用者が自由に選べるようにする方針だ。大手電力会社から独立した新機関が設立されれば新規参入が促され、電気料金を引き下げる効果も狙っている。

  • 【底流】世界狙う“スーパー重電”誕生 三菱重と日立が手を組んだ理由
  • 電力「大再編」時代、揺らぐ地域独占 異業種参入でコスト競争
  • なぜ?電力社員に「値下げ」待望論 電気料金と賃金のビミョーな関係

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!