鳥インフル対策急ぐ日系企業 中国駐在員の帰国準備、製品供給態勢作り (1/2ページ)

2013.4.20 08:30

 鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)感染が拡大している問題を受け、中国に進出している日系企業が、従業員や家族の安全確保とビジネス安定継続の両面から危機管理を急いでいる。

 中国では、19日までにH7N9型ウイルスへの感染者88人のうち17人の死亡が確認されている。電機大手の担当者は「今後、人から人への感染が確認される事態を想定し、日本人駐在員の家族を一時帰国させるよう航空券確保や日本での受け入れ準備を始めた」と話した。

 ある製造業では、衛生観念の異なる多数の地元従業員に対し、手洗いやうがいの励行、出勤時の体温測定などを指導して感染予防に全力をあげている。

 H7N9型ウイルスは「人への感染では5日程度で重症化するため早期治療が不可欠」(医療関係者)と指摘されている。感染がさらに広がった場合、工場全体やオフィスビルなど一帯が衛生機関などによって封鎖される懸念もある。

「周辺諸国でバックアップ生産し、顧客に製品を安定供給する態勢作りを急いでいる」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。