【都知事選】舛添氏が当選確実 宇都宮氏、細川氏ら破る 投票率は大幅減

2014.2.9 20:09

当選確実の報道を受け、事務所に入り万歳三唱をする舛添要一氏(中央)と妻の雅美さん(右)=9日午後、東京都新宿区(桐原正道撮影)

当選確実の報道を受け、事務所に入り万歳三唱をする舛添要一氏(中央)と妻の雅美さん(右)=9日午後、東京都新宿区(桐原正道撮影)【拡大】

  • 投票する舛添要一氏と雅美夫人=9日午後、東京都世田谷区(栗橋隆悦撮影)
  • 投票を終え記者の質問に応じる舛添要一氏=9日午後、東京都世田谷区(栗橋隆悦撮影)
  • 当選確実の報道を受け、事務所に入り万歳三唱をする舛添要一氏(右から2人目)と妻の雅美さん(右)=9日午後、東京都新宿区(桐原正道撮影)

 猪瀬直樹前知事(67)の辞職に伴う東京都知事選は9日、投開票され、元厚生労働相の舛添要一氏(65)が、元日弁連会長の宇都宮健児氏(67)=共産・社民推薦、元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)、元首相の細川護煕氏(76)らを破って初当選を確実にした。

 争点は、少子高齢化対策や首都直下地震への備え、2020年東京五輪に向けた街づくりなど。猪瀬氏の辞任の経緯から「政治とカネ」への姿勢も問われた。午後7時半現在の投票率は34.14%で、前回(平成24年)を13.83ポイント下回った。

 舛添氏は「五輪をきっかけに東京を世界一の街に」などと訴え、元厚労相という経歴を強調し、福祉や雇用対策の充実を訴えた。

 細川氏は小泉純一郎元首相(72)の支援を受けて、「原発即ゼロ」を前面に打ち出したが、有権者の関心は高まらず、議論は深まらなかった。

 各政党などは、自民、公明のほか連合東京が舛添氏を支援。民主、結い、生活の3党は細川氏を支援した。日本維新の会共同代表の石原慎太郎元都知事(81)は個人的に田母神氏を応援した。

 都議会は自民、公明両会派が過半数を占めており、選挙戦を通じて舛添氏は都議会との協調路線を公言していたことから、都政運営は安定する公算が大きい。

 舛添氏は昭和23年、北九州市生まれ。東大法学部を卒業し、54年に東大助教授に。国際政治学者として活躍したほか、母の介護体験をつづった著書も注目された。平成11年の都知事選に立候補したが落選。13年の参院選で初当選し、厚労相などを務めた。22年に自民党に離党届を出したが、自民は除名に。同年、新党改革を結成、代表に就任。25年の参院選には出馬せず、代表を辞任していた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!