【新閣僚に聞く】高市早苗総務相 ふるさと納税「手続き簡素化目指す」

2014.9.8 05:00

 --現在の地方行財政制度で改革したい点は

 「地方の財政状況は非常に厳しい。地方独自で使える財源を増やすための努力をしていただくことと、情報通信技術を活用しながら事務の効率化によるコスト削減の両方を考えていかないといけない」

 --「ふるさと納税」の税額控除の規模拡大と、手続きの簡素化についての考えは

 「ふるさと納税は地方財政改善に大変有効なツールだ。コンビニエンスストアやクレジットカードでの決済を求めるユーザーの声もあるので、手続き簡素化の知恵を絞っていきたい。一人一人の納税者が税金をどの地域で役立ててほしいかという気持ちは大切だ。税財源の偏在化是正にも大いに寄与する。もう少し現場の声を集めたい」

 --訪日外国人の受け入れ環境整備に向けた課題と解決策は

 「無料公衆無線LANの整備は観光だけでなく、災害時にも活用できる。多言語での案内表示もデジタル化によって進めたい。自動翻訳機システムは高機能化と低コスト化を進めて普及させたい」

 --日本郵政の上場に向けた課題は

 「企業価値の向上は重要な課題だ。すでに郵政がいろんな分野で、新しいサービスを始めている。その成果を見極めながら、ユーザーの使い勝手を考えながら、新しい分野で知恵を絞っていかれるものだろう」

 --国内の通信市場の競争状況や課題は

 「光回線や3.9世代の携帯電話など、通信インフラの整備状況は世界的にみて遜色はない。世界市場での競争に打ち勝つため、いかにユーザーの利便性を高めていくか。公平・公正な競争環境を整えていくことが必要だ。そろそろ次のステップに向けて、NTTへの規制は緩和への結論を出していく時期に入ってきているのではないか」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。