“狂った国家経済の羅針盤”廃棄せよ 日本の未来を閉ざさないために (1/4ページ)

2014.9.28 07:11

「税収弾性値」という数値が、国家経済政策の要の予算を運営し、税制を動かすための羅針盤となっている。安倍首相は弾性値をこのままにしておかず、精確な弾性値を内閣府や御用学者ではない専門家に算出させて2015年度予算以降に生かすべきだ。このままでアベノミクスが挫折すれば、日本の未来は閉ざされかねない。

 景気の好転を受けて、2013年度の一般会計税収は前年度実績(43・9兆円)比で6・9%、3兆円余り増えた。財務省はこれについて、2013年度の当初予算の税収見込み43兆円と比較せずに、補正後の予算で見込んだ税収に比べて「1・6兆円上ブレ」と矮わい小しょう化した数値を記者発表した。財務省はご丁寧にも、1・6兆円分のうち1兆円は「一時的要因による」と説き、アベノミクスによる増収効果を打ち消すことに努めた。

 名目GDP(国内総生産)の前年比伸び率は1・9%であるのに対し、税収総額は6・9%伸びた。GDP増加分1に対して税収がどれだけ増えたかという税収弾性値は3・7で、従来の実績値である3-5%の範囲内だ。

そんなデタラメ計算をもとに国家経済政策の要の予算を運営し…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。