カンボジア、リゾート学園都市構想が始動 教育と観光を融合 (2/3ページ)

2015.7.15 05:00

6月末のオープニングセレモニーであいさつに立つ猪塚武A2Aカンボジア社長=カンボジア・コンポンスプー州キリロム国立公園

6月末のオープニングセレモニーであいさつに立つ猪塚武A2Aカンボジア社長=カンボジア・コンポンスプー州キリロム国立公園【拡大】

  • 木立の中に建つリゾートvKiriromのレストラン=カンボジア・コンポンスプー州キリロム国立公園

 そのために森林地帯の開発が遅れ、かえって手付かずの自然が残された側面もあるが、一方で無計画な森林伐採や野生動物の密猟なども横行していた。

 キリロムは、世界遺産に指定されたアンコール遺跡のあるシエムレアプに比べ、観光地としての歴史が浅く国際的な知名度も低い。だが、豊かな自然を生かし、地元住民たちによるエコツーリズムの開発が進むなど、カンボジアの新たな観光資源として注目されている。

 ◆大学が運営

 猪塚社長によると、同社がキリロムで目指すのは「大学が運営するリゾート施設」だ。リゾート開発に必要な技術や知識を中心に、建築デザイン、通信技術、観光、経営など幅広い分野の研究・教育を担う広大なキャンパスを造り、人材を育成する。その中に、学びの実践の場としてのリゾート施設を置くという考え方だ。

 現在、第1フェーズとして開業しているvKiriromには、約20部屋の客室、中心となるレストラン、従業員が暮らすワーカーズビレッジなどがある。客室は、別荘風のコテージのほか、カンボジアの農村の高床式住宅を模したコテージ、巨大な土管を利用したユニークな部屋、気軽に泊まってもらうためのキャンプセットなど、森の雰囲気を味わえる工夫がほどこされている。

 宿泊費は1泊20~250ドルと幅広い。「どんな人にでも楽しんでもらえるリゾートにするのが目的。たとえば、数百人の社員旅行にも使ってもらえる場所にしたい」と猪塚社長は言う。また、滞在型のリゾート地とするために、別荘の建築・販売にも取り組んでいる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。