「夕張メロン」など7品目、地域ブランド登録第1弾へ

2015.12.15 18:33

 農林水産省は15日、地域特有の農産物や食品を国がブランドとして保護する「地理的表示(GI)保護制度」で、これまで申請のあった「夕張メロン」や「神戸ビーフ」など7品目を審査する有識者会合を開いた。審査を経て農林水産相が認可すれば、来週にも第1弾の地域ブランドとして登録される。

 登録された地域ブランドは、その地域ならではの伝統製法や品質などの基準を満たしたことを国が証明する認定マークを表示できる。類似品との差別化や不正表示の取り締まりに役立つ以外に、地域ブランドの向上や特産品の輸出拡大につながると期待される。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。