東京株反落、終値59円安の1万6052円05銭 円高ドル安進行を嫌気

2016.2.23 15:14

 23日の東京株式市場の日経平均株価は、外国為替市場の円高ドル安進行を嫌気した売り注文で反落し、前日比59円ちょうど安の1万6052円05銭で取引を終えた。東証株価指数(TOPIX)は8.83ポイント安の1291.17。出来高は約23億2200万株。

 英国の欧州連合(EU)離脱に対する懸念から、比較的安全な資産とされる円が買われた。これに伴い輸出関連企業の採算悪化に対する警戒感が高まり、平均株価を押し下げた。上海株の下落も投資家心理を冷やした。

 一方、国際エネルギー機関(IEA)は22日発表した原油の中期見通しで、供給過剰状態が緩和に向かうと予想した。原油や資源価格の下げ止まりを期待した買いが広がり、平均株価は上げ幅が一時200円を超えるなど上昇に転じる場面も多かった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。