耕作放棄地を薬草の聖地に 福井県高浜町、農地復活へ新たな取り組み (1/2ページ)

2016.3.14 05:00

東京生薬協会の指導を受け、青葉山で薬草栽培に取り組む住民ら=2015年8月、福井県高浜町

東京生薬協会の指導を受け、青葉山で薬草栽培に取り組む住民ら=2015年8月、福井県高浜町【拡大】

 人口減少が農業の担い手不足を招き、耕作放棄地が広がっている。荒れ地は農作物だけでなく暮らしにも影を落とす。地域に合った作物を選んだり、人手をかけない方法を工夫したりと、克服を目指して新たな取り組みが各地で始まっている。

 ◆地元産で観光資源

 「想像以上においしい。薬草入りとは分からない」。男性がうなった。福井県高浜町で2月に開かれた地元産の薬草やハーブを使った料理の試食会。杜仲茶を利用したハムや滋養強壮に効くという「ジオウ」をすり下ろしたカレー。珍しいメニューに「癖がなく食べやすい」「香りが良い」と感嘆の声が上がった。

 県最西端にある高浜町は人口約1万人の3割が65歳以上。「若狭富士」といわれる青葉山(標高693メートル)では棚田が作られてきた。しかし、高齢化や後継者不足で離農者が増え耕作放棄地が拡大、イノシシなどの被害も深刻になってきた。

 目を付けたのはオウレンなどの薬草が自生する環境だ。地元住民で環境保全に取り組む「青葉山麓研究所」の山下暢以知さん(61)は「漢方薬などに使える植物が少なくとも300を超える。調べれば、もっと貴重な薬草もあるはず」と話す。

 製薬会社などでつくる「公益社団法人東京生薬協会」(東京)によると、国内で使われる漢方薬や生薬の原料の8割が中国産。しかし、値上がりや輸出規制などが懸念され、同協会の末次大作専務理事(68)は「国内で栽培地を確保する動きにつながっている」と話す。同町と製薬業界の思惑は一致した。

 町は2015年、薬草の試験栽培を開始。同協会の指導を受け、下剤の原料となるエビスグサや鎮痛作用のあるトウキなど約20種類の薬草を計約3000平方メートルに作付け。放棄地は新たな農業に挑む場に変わりつつある。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。