自賠責保険料6.9%値下げ 全車種平均 4月契約分から

2017.1.20 05:36

新たな自賠責保険料
新たな自賠責保険料【拡大】

 金融庁の自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)審議会は19日、4月の契約分から全車種平均で6.9%値下げすることを決めた。自家用乗用車(沖縄県と離島を除く)の場合、一般的な2年契約で現行より2010円引き下げ、2万5830円とする。値下げは2008年度以来9年ぶり。

 自動ブレーキなどの普及で事故が減り、保険金の支払いが減少。過去に実施した保険料値上げで、今後も収支の黒字や積立金の増加が見込まれるため、自動車ユーザーに還元する。

 軽自動車の保険料は2年契約で1300円安い2万5070円とする。今回、多くの車種で値下げするが、一部は値上げになる。

 保険会社の経費や、手数料の上昇分などが反映されるためで、原動機付き自転車(ミニバイク)が80円高い9950円となる。

 自賠責の保険料については、08年度に平均で27.9%値下げされたが、収支が悪化し、11年度に平均11.7%、13年度に同13.5%値上げされていた。

 自賠責保険は交通事故の被害者や遺族を救済するため、事故で重い障害が残った場合に最高4000万円、死亡した場合には最高3000万円の保険金が支払われる。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。