シェア自転車利用で渋滞緩和 1~3月期の交通分析 (1/2ページ)

2017.5.9 05:00

北京市朝陽区にあるオフィスビル群「望京SOHO」の前に置かれたシェアリング自転車(中国新聞社)
北京市朝陽区にあるオフィスビル群「望京SOHO」の前に置かれたシェアリング自転車(中国新聞社)【拡大】

 中国の複数の権威あるデータ分析機関がこのほど共同で発表した「2017年第1四半期(1~3月期)中国主要都市交通分析報告」によると、第1四半期に道路の渋滞が最もひどかったのは北京市西城区だった。データからは、シェアリング自転車の利用が多い地域で渋滞が緩和していることも明らかになった。

 報告によると、北京では第1四半期、1日のうちの渋滞ピーク時の渋滞遅延指数が1.884、つまり車での移動が正常時の1.884倍かかったということで、その際の平均時速は24.82キロだった。中でも西城区は、朝夕の渋滞ピーク時の同指数が2.24倍に上り、期間中の63日間が渋滞状態だった。

 また1線都市(北京、上海、広東省広州、同省深セン)では、10キロ以下の移動における(自分で運転する)車の利用が昨年の第1四半期より減少。中でも5キロ以下の移動が占める割合は著しく減少し、北京で3.8ポイント減、上海で3.2ポイント減だった。

 これと同時にインターネット予約での配車サービスの短距離利用も減少。地図情報サービスを手掛ける高徳地図のデータ分析によると、今年2月末から4月中旬までで、5キロ以内の配車予約利用が減少している。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。