IIJと静岡県が実証実験 IoT技術で水田を遠隔管理

2017.6.20 05:00

 IT大手のインターネットイニシアティブ(IIJ)と静岡県などは19日、あらゆるものがネットワークにつながる「モノのインターネット(IoT)」の技術を活用して、水田の水位や水温を遠隔管理するシステムの実証実験を始めると発表した。見回り作業の負担を減らし、水の管理にかかるコストを半減することが目標だ。

 静岡県磐田市と袋井市の農業法人と富山県滑川市の農業ベンチャー「笑農和」も参加し、静岡県で実験を展開する。

 水田にセンサーを設置し、水位などのデータを一元管理。手元のスマートフォンやタブレット端末で状況を確認しながら、ネットワークにつないだ給水弁を遠隔操作し、水田に水を送る仕組み。実際に水田を見て回る手間を省ける。農林水産省の委託事業で、実証実験の期間は2020年3月末まで。農業法人など向けに量販する計画で、センサーなどは機能を限定して価格を抑え、導入しやすくする。将来は人の手を介さず、自動給水システムの構築を目指す。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。