ベトナム、外資によるM&A総額倍増 17年1~5月18億ドル 市場参入に効率的 (1/2ページ)

高層マンションが並ぶ首都ハノイの新興住宅街。ベトナムは建設・不動産分野のM&Aも活発だ(AP)
高層マンションが並ぶ首都ハノイの新興住宅街。ベトナムは建設・不動産分野のM&Aも活発だ(AP)【拡大】

 ベトナムは、外国企業による地場企業へのM&A(企業の合併・買収)が活発化している。同国計画投資省外国投資局によると、2017年1~5月の外国企業によるM&A総額は18億ドル(約2004億円)に達し、前年同期と比べ倍増した。外国企業がM&Aを通じて同国に参入する動きが強まっているもようだ。現地紙サイゴン・タイムズなどが報じた。

 同期の外国企業によるM&A件数は合計2016件に上る。参入分野は建設・不動産業や製造業、サービス業など多岐に渡る。

 タイの複合企業サイアム・セメント・グループは今年3月、地場セメント会社のベトナム・コンストラクション・マテリアルを1億5600万ドルで買収した。同月は、韓国の食品大手CJチェイルジェダンも地場食品加工会社を買収している。同社は過去1年間に地場食品メーカー3社を買収したことになる。

 建設・不動産分野では、大型商業施設や住宅、ホテル、工業団地などの建設事業への参入をはじめ、既存の不動産経営への関与を強める外国企業が増えている。シンガポールの不動産大手ケッペルランドは今年3月、傘下企業を通じてベトナム最大都市ホーチミンで進めている不動産開発事業を加速するため、地場合弁企業への出資比率を引き上げたことを明らかにした。

 米不動産サービスのジョーンズラングラサールのベトナム法人は、ベトナムの不動産分野での外国企業による地場企業のM&A総額は今年、過去最高を更新すると予測する。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。