「パルメザンチーズ」消える? EPAブランド保護、食品メーカーに動揺広がる (1/2ページ)

国産中心のスーパーのチーズ売り場も安い欧州産輸入チーズで変わりそうだ=横浜市鶴見区
国産中心のスーパーのチーズ売り場も安い欧州産輸入チーズで変わりそうだ=横浜市鶴見区【拡大】

  • 最高級ブランドの松阪牛は欧州でも浸透するか=三重県松阪市

 日本と欧州連合(EU)は経済連携協定(EPA)に基づき互いの地理的表示(GI)を認め合い、伝統的な食品産地ブランドを保護する。国内の有名ブランドは欧州で認知度が高まって販路拡大が期待できるうえ、偽物の流通防止にもつながる。ただ、「パルメザンチーズ」など慣れ親しんだ商品名が使えなくなるケースがあり、企業の販売戦略にも影響が出そうだ。

 知名度向上に期待

 「欧州で“本物”を知ってもらえる機会になれば」

 高級牛肉ブランド「神戸ビーフ」の海外展開を進める神戸肉流通推進協議会の担当者は、EU域内で保護されるGIリストに掲載されたことで声を弾ませた。

 2014年7月から欧州へ輸出している神戸ビーフ。知名度向上に伴って海外で偽物の報告も寄せられているが、悪質な偽ブランド品は摘発対象になるため、「民間では難しい取り締まりに期待したい」と話す。

 農産物とは別に、酒類でも「日本酒」やワインの「山梨」、焼酎の「薩摩」「壱岐」など8つが欧州で保護される。中国など海外で作られた清酒は日本酒を名乗れなくなる上、製品にGIマークが付き特産品を差別化する効果もある。

販売戦略の変更も

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。