カンボジアの教育に日本の力を 幼小中一貫校を計画、母国を支えるリーダーを育成 (1/3ページ)

「先生さようなら」。カンボジア式で土居清美校長(右)にあいさつをするシーセフリーダーズアカデミーの園児。日本式の「しつけ」をカンボジア社会に定着させることもアカデミーの重要な教育方針だ=プノンペン市内(木村文撮影)
「先生さようなら」。カンボジア式で土居清美校長(右)にあいさつをするシーセフリーダーズアカデミーの園児。日本式の「しつけ」をカンボジア社会に定着させることもアカデミーの重要な教育方針だ=プノンペン市内(木村文撮影)【拡大】

  • カンボジア初の幼稚園から中学校までの一貫校設立を目指す「シーセフリーダーズアカデミー」の入園式。園児たちが日ごろの成果を披露した=プノンペン(青山尚弘撮影)

 おそろいの黄色いシャツを着た3~4歳の子供たちが、壁に向かって一斉に逆立ちをする。カンボジアの首都プノンペンにある「シーセフリーダーズアカデミー」の授業の一場面だ。「最初はまったくできなかったけれど、1年弱でほとんどの子ができるようになった。幼児期の体力づくりも大切な教育の一環」と、アカデミー校長の土居清美さんは言う。

 2016年9月、日本の公益財団法人「シーセフ」が開校した同アカデミーは、現在、幼稚部3クラスに合計76人のカンボジア人園児が通っている。同アカデミーが目指すのは、カンボジアで初となる幼稚園から中学校までの一貫校で、19年には小学部を開校する計画だ。

 母国を支える人材に

 シーセフは、日本のフォーバルの大久保秀夫会長が設立した。約10年前、初めてカンボジアを訪れた大久保会長が、カンボジアの子供たちの現状を目の当たりにして衝撃を受け、以降、さまざまな形で教育環境の向上を支援してきた。一貫校の設立は、その活動の集大成ともいえる事業だという。

 アカデミーの授業料は全員が無料。制服など、家族が負担する実費は月35ドル(約3900円)程度に抑えた。とはいえ、家庭の経済状況が選考基準ではなく、土居校長らが全員の家庭訪問をして、保護者の教育への熱意や、アカデミーの教育方針への理解を確かめて入学を判断する。幼児のころから日本語が必修科目で、将来は中学を卒業した生徒たち全員が日本の高校や大学に留学することを目指す。ただし、日本に送り込む人材を育てることが目的ではない。卒業後はカンボジアに戻り、母国を支えるリーダー的人材として活躍してほしいというのがアカデミーの教育目標だ。

経済成長に人材育成追い付かず